映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』4月2日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開【“映画の見方が変わる”ロードショー】|映画業界で最も重要な仕事の一つでありながら、最も知られていない仕事=キャスティング(配役)。これはキャスティングを芸術にまで高めた女性の実話。

こちらの映画前売券がいますぐ買えます。【映画県のネット通販:映画前売券のことならメイジャー】

イントロダクションIntroduction

映画業界の最も重要な仕事の
一つでありながら、
最も知られていない仕事=キャスティング

本作はハリウッドで長年活躍したキャスティングの先駆者マリオン・ドハティ(1923-2011)を中心に、キャスティング(配役)という仕事に迫るドキュメンタリーです。絶妙なセンスと直感的な先見の明を頼りに、白人男性至上主義が根強く、役者を単純にタイプ分けしていた古いスタジオの配役方法から、ユニークで多彩なアンサンブルキャストへ移行する道筋をつけ、革新的なアメリカン・ニューシネマの到来を告げたマリオン。驚きと笑いに溢れたエピソードの数々、そして切なくも感動的なラストまで...その人生を通して映画史に新たな光を当てます。

豪華出演者が語る“あの役”についての
貴重な証言が満載!

スターたちが自ら語るキャリアを変えた“あの役”、そしてアメリカ映画が輝き出した時代が鮮明に蘇る貴重な証言が満載!主な出演者にマーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウディ・アレン、アル・パチーノ、ロバート・レッドフォード、クリント・イーストウッド、メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー、ダスティン・ホフマン、ジョン・ヴォイト、グレン・クローズ、ジョン・リスゴー、ベット・ミドラー、ジョン・トラボルタ、バック・ヘンリー、リチャード・ドナー、ジョン・セイルズ、テイラー・ハックフォード、ノーマン・ジュイソン、ピーター・ボグダノビッチ、デヴィッド・ピッカーほか。そして現在活躍する後進のキャスティング・ディレクターたち。

photo

映画史に埋もれた
プロフェッショナルの仕事への再評価

2012年に米国で公開されキャスティングへの再評価と、その後にアカデミー賞が取り組む変革(2025年の第96回以降は作品賞候補に“インクルージョン(包摂性)”が評価条件に加わる等)にも重要な役割を果たしたと評価された注目作です。2019年に英国アカデミー賞がキャスティング部門を新設したことも話題となっており、今回が日本初公開となります。

photo

出演者Cast

マリオン・ドハティ
MARION DOUGHERTY (1923-2011)

1923年生まれ。大学卒業後にTVの配役アシスタントに就き頭角を現す。『裸の街』『ルート66』を手掛け、1964年『マリアンの友だち』で長編映画へ。代表作『俺たちに明日はない』『明日に向かって撃て!』『真夜中のカーボーイ』『ダーティハリー』『スティング』『レニー・ブルース』『レッズ』『グリース』『ガープの世界』『キリング・フィールド』『リーサル・ウェポン』『フルメタル・ジャケット』『バットマン』など。2011年 マンハッタンの自宅で死去。享年88歳。全米キャスティング協会は彼女の功績を称え、毎年授与する栄誉賞の一つに彼女の名を冠している。

photo

マリオンが手がけた主な作品Filmography of Marion

1964
マリアンの友だち (dir. ジョージ・ロイ・ヒル)
1966
ハワイ (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast ジュリー・アンドリュース)
1967
ボニーとクライド/俺たちに明日はない (dir. アーサー・ペン、cast ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ、ジーン・ハックマン)
1969
明日に向って撃て! (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス)
1969
真夜中のカーボーイ (dir. ジョン・シュレンジャー、cast ダスティン・ホフマン、ジョン・ボイト)
1971
ダーティハリー (dir. ドン・シーゲル、cast クリント・イーストウッド)
1971
ウディ・アレンのバナナ (dir. ウディ・アレン)
1971
哀しみの街かど (dir. ジェリー・シャッツバーグ、cast アル・パチーノ)
1971
夢のチョコレート工場 (dir. メル・スチュアート、cast ジーン・ワイルダー)
1972
スローターハウス5 (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast マイケル・サックス)
1973
スティング (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード)
1973
ミーン・ストリート (dir. マーティン・スコセッシ、cast ロバート・デ・ニーロ、ハーベイ・カイテル)
1974
レニー・ブルース (dir. ボブ・フォッシー、cast ダスティン・ホフマン)
1974
ハリーとトント (dir. ポール・マザースキー、cast アート・カーニー)
1974
華麗なるギャツビー (dir. ジャック・クレイトン、cast ロバート・レッドフォード、ミア・フォロー)
1975
華麗なるヒコーキ野郎 (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、castロバート・レッドフォード)
1978
グリース (dir. ランダル・クレイザー、cast ジョン・トラボルタ、オリビア・ニュートン=ジョン)
1979
リトル・ロマンス (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast ダイアン・レイン)
1979
アルカトラズからの脱出 (dir. ドン・シーゲル、cast クリント・イーストウッド)
1980
アーバン・カウボーイ (dir. ジェームズ・ブリッジス、cast ジョン・トラボルタ、デブラ・ウィンガー)
1981
レッズ (dir./cast. ウォーレン・ベイティ、cast ダイアン・キートン)
1982
ガープの世界 (dir. ジョージ・ロイ・ヒル、cast ロビン・ウィリアムズ、グレン・クローズ、ジョン・リスゴ-)
1984
キリング・フィールド (dir. ローランド・ジョフィ、cast サム・ウォーターストン、ジョン・マルコビッチ)
1987
リーサル・ウェポン (dir. リチャード・ドナー、cast メル・ギブソン、ダニー・グローバー)
1987
フルメタル・ジャケット (dir. スタンリー・キューブリック、マシュー・モディーン)
1989
バットマン (dir. ティム・バートン、cast マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン)
1993
フォーリング・ダウン (dir. ジョエル・シューマッカー、cast マイケル・ダグラス、ロバート・デュバル)
1997
アンナ・カレーニナ (dir. バーナード・ローズ、cast ソフィー・マルソー)

『真夜中のカーボーイ』© 1969 JH Productions Inc. All Rights Reserved. 『ダーティハリー』© Warner Bros. Entertainment Inc. 『夢のチョコレート工場』© Paramount Pictures.All Rights Reserved. 『スティング』© 1973 Universal Pictures. All Rights Reserved. 『ガープの世界』© Warner Bros. Entertainment Inc.『リーサル・ウェポン』© Warner Bros. Entertainment Inc. 『バットマン』© Warner Bros. Entertainment Inc.

photo

マリオンへのコメントFor Marion Dougherty

  • 俳優を続ける中で
    好きになった言葉の一つが“励まし”だが、
    マリオン・ドハティは
    “励まし”そのもののような人だった。
    そんな人を私は彼女以外には知らない。
    アル・パチーノ
  • 自分自身ですら気づいていない何かを
    見つけてくれる、
    彼女のような人の前で私は自然と
    謙虚でいられた。
    ダニー・グローヴァー
  • マリオン・ドハティのような
    キャスティング・ディレクターの仕事は
    とても特別で、
    いつも映画の質にそのまま繋がっていた。
    グレン・クローズ
  • 彼女は明らかに映画界の水準を
    引き上げた。
    私自身も、いろいろな役に挑戦できたのは
    彼女のお陰だった。
    ロバート・レッドフォード
  • マリオンのような人と仕事をするとき、
    私たちはキャスティングが高度な技術だと
    実感した。
    ノーマン・リア
  • 映画監督の仕事の9割は、
    キャスティングの質で決まってしまう。
    マーティン・スコセッシ
  • 彼女は唯一無二、のとても特別な人だった。
    クリント・イーストウッド
  • 「マリオン・ドハティはアカデミー協会の
    功労賞を受賞すべき」と
    主張した多くの俳優や監督たちに、
    私は100%同感だった。
    リン・スタルマスター

    ※1991年、彼女をよく知る映画人たちがアカデミー協会栄誉賞授与のキャンペーンを起こした経緯は今作に描かれている。

監督Director

監督・製作トム・ドナヒュー

2008年、トライベッカ映画祭で上映されたドキュメンタリー“Guest of Cindy Sherman”で長編監督デビュー。以降、サンダンス、カンヌ、ベルリン、トロント、ベネチア、サンセバスチャンなど多くの映画祭でドキュメンタリー映画“Thank You for Your Service” (2015) ”Davi's Way” (2016) ”This Changes Everything” (2018) “Dean Martin: King of Cool” (2021) を上映。またプロデューサーとしても、ラミ・バーラニ監督作品など優れたインディペンデント作品を製作している。

photo

この映画を作るまで、私はキャスティング・ディレクターというものを全く理解していなかったし、その裏にこんな深い物語があるとは想像もしていませんでした。しかし取材を始めてすぐに、キャスティング・ディレクターがハリウッドの中心的役割を担っていることを知りました。役に命を吹き込む俳優を見つけ、彼らの背中をおしてやるキャスティング・ディレクターが、映画スターたちを最初に発掘し、素晴らしい役へ推薦してきたのだと。彼らは、映画の中の生き生きとしたアンサンブル(そして作品の本質)の創造に貢献し続けていたのです。

この映画のきっかけは、ロサンゼルスの友人ジョアナ・コルベアに尋ねられた何気ない質問でした。「ねぇ、マリオン・ドハティって知ってる?」 私は何年も映画を学び、この業界で働いてきたのに、それは初めて聞く名前でした。ロスからニューヨークへ戻ると直ぐに、あらゆる方法で彼女について調べ、オクラホマ大学の教授による彼女のインタビュー記事に辿り着きました。そこには、彼女が見出した伝説級の名優らの名前と、彼女が配役をした映画史に残る数々の役名が並んでいましたが、彼女に関する情報はこの資料の他には見つかりませんでした。私は決意しました。「マリオン・ドハティの映画を作らなくてはいけない」。

そしてプロデューサーのケイト・レーシーと共に、マリオンと仕事をした人々へ連絡をとりはじめ、その数はどんどん膨れ上がり、数年かけて取材した相手は200人を超えていきました。あらゆる映画の場面を検証し、大学や図書館や個人が所有する資料と膨大な映像をかき集めると、その全てがマリオン・ドハティという女性が途方もないインパクトをアメリカ映画に与えた事実と、キャスティングという重要な仕事が何十年も、いかに軽んじられてきたかを証明していました。

マリオン・ドハティは映画の世界を革新し発展させた先駆者(パイオニア)の一人であり、彼女が築いた道を継承する現代のキャスティング・ディレクター達は(色々な壁にぶつかりながらも)マリオンがしてきたように俳優たちを鼓舞し続けるでしょう。この映画でキャスティング・ディレクターへの理解が深まり、長年阻まれてきた正当な評価を受ける一助になることを心から願います。どんな素晴らしい役も脚本に記されただけでは動きださず、有能なキャスティング・ディレクターと制作者と俳優の共同作業で息を吹き込まれるということを、どうか忘れずにいて下さい。

レビューReview

photo

劇場Theater

都道府県 劇場 公開日
東京 シアター・イメージフォーラム 4/2(土)~5/20(金)
埼玉 川越スカラ座 7/2(土)〜15(金)
神奈川 川崎市アートセンター 6/11(土)〜24(金)
神奈川 CINEMA AMIGO 近日上映
長野 上田映劇 5/14(土)〜27(金)
福岡 KBCシネマ 5/13(金)〜未定
大分 別府ブルーバード劇場 5/20(金)〜6/2(木) ※5/21(土)は上映無し
宮崎 宮崎キネマ館 6/3(金)〜9(木)
鹿児島 ガーデンズシネマ 6/26(日)〜7/1(金) ※6/28(火)休館

クレジットCredit

映画『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』4月2日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開【“映画の見方が変わる”ロードショー】

2012年/アメリカ/89分/カラー/DCP/原題「Casting By」

出演:マリオン・ドハティ、マーティン・スコセッシ、ロバート・デ・ニーロ、ウディ・アレン、クリント・イーストウッド、
ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン、アル・パチーノ、メル・ギブソン、ジョン・トラボルタ、グレン・クローズ

監督:トム・ドナヒュー

製作:トム・ドナヒュー、ケイト・レイシー、イラン・アルボレダ、ジョアナ・コルベア
配給:テレビマンユニオン 配給協力・宣伝:プレイタイム

© Casting By 2012